『eメット®』が“NETIS”に認められました!

熱中症対策商品「eメット®」がNETISに登録!

NETIS(新技術情報提供システム)とは、国土交通省が新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的としたデータベースシステムです。最新技術を活かした現場の見守りシステムとして e メット®が認められました。(認定番号:KK-200012-A)

 

 

作業者の異変が生じる前に察知!作業者を一括管理も可能 

『eメット®』は、お手持ちのヘルメットにセンサーを取り付けて、専用のアプリをスマホにダウンロードするだけで、簡単・手軽に熱中症危険度の見える化が可能になります。

ひたいの温度の変動や、作業環境の温度・湿度が測定できるほか、危険度の閾値を設けることで個々の熱中症危険度を判断可能。

現場監督者や管理者は、離れた場所からでもタブレットやパソコンで、個々の作業者の状態を確認できます。

【特長】
■ヘルメットで計測するため、付け忘れなし
■ひたいの温度上昇率などから熱中症危険度を見える化
■1分おきにセンサーが環境をチェック、閾値を超えるとスマートフォンのアラームで警報

 

詳しくはこちらよりお問い合わせ下さい。

お問合せはこちら