熱中症による労災をゼロにするため、予防方法や対策を調査・研究する「熱中対策研究所」から、
みんなが知りたい熱中症に関する情報をどんどん配信中!

“アツさ”から熱中症を考えてみた

アツさの種類について 「アツさ」の代表格が炎。ガスレンジなら連続的にガスと空気が供給されてできる青い炎の温度が約1,800℃。そして、炎のような高エネルギーの最たるものが太陽。その表面温度はなんと5,500℃!その熱は地 […]

気温25℃でも危険!?湿度と熱中症の関係とは…?後編

気温以外に気を付けるべきポイント4つ 3.気流(風) 気流は汗が気化(蒸発)する量と早さに影響を及ぼします。エアコンがなく、環境温度を下げられないところで体温を下げるためには、積極的に汗を気化させることで体表面の温度を下 […]

気温25℃でも危険!?湿度と熱中症の関係とは…?前編

天気予報はどこを見ている…? 気温と降水確率だけという方や、通勤時間帯の雨雲のチェックのみという方も多いのではないでしょうか。 これからGWにかけて徐々に汗ばむ日も増えてきています。実は熱中症の危険度は春先から高まるので […]

働くときも、服装を工夫して熱中症を防ごう!

しかし、みんなの働く現場は様々。安全衛生などの観点から決められた服装も様々。 そこで、服装が限定される場合での注意すべきプラス項目を例を挙げてご紹介します。 例① ビル街高所建築現場 夏、直射日光やビル、アスファルトから […]

熱中症と労災をデータで見てみよう!

熱中症労災の発生状況とは 厚生労働省 職場での熱中症による死亡災害及び労働災害の発生状況 厚生労働省のデータをもとに解説します。平成10年から24年のデータを見ると、年間約20件熱中症による死亡労災が発生していることがわ […]

勤務中に起こってしまった熱中症は労災になるの…?後編

労災認定手続きの方法 勤務中に起こった熱中症で保障されるのは給付金だけ…? 企業には安全配慮義務「労働契約法第5条」があります。 労働者は労働契約に伴い、自身の生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要 […]

勤務中に起こってしまった熱中症は労災になるの…?前編

労災とは 労災とは、労働者の業務上または通勤途中での負傷・疾病・障害・死亡のことで、下記二つに大別できます。 業務災害労働者の業務上の負傷・疾病・障害・死亡 通勤災害労働者の通勤途上の負傷・疾病・障害・死亡 熱中症は労災 […]

働く現場で熱中症を防ぐには?

熱中症の発生指標 WBGTについて この記事を読み進めるにあたって、『WBGT』という言葉を知っておいてください。WBGTとは、今の作業環境は熱中症の発生がしやすいのか、そのリスクレベルを客観的に判断できる指標のことです […]

熱中症のメカニズムと症状について解説!

哺乳類である人の体には体温調節機能があります。外の気温が体温より高くなると発汗し、その汗が体の表面で蒸発・吸熱が起こると体が冷やされます。 しかし、湿度がめちゃくちゃ高い場合や、運動/作業時には、大量の汗をかいて体を冷や […]

職場で起こる熱中症は何が原因?

熱中症の3つの要因 熱中症は、次の3つの要因が合わさって発症します。 気象環境要因 健康状態要因 行動要因 この3つの要因が組み合わさることで、体がオーバーヒート状態になり、めまいや転倒、座り込みなどの症状を引き起こしま […]

MENU